top of page

一時の安価が悲劇を生む場合も

iPhoneが爆発しそうな程、熱いんです。

一旦電源を切ってもらう事をして貰うとその後はリンゴループになってしまい

即にご来店頂き内部を点検すると・・・・



基盤がショートしています。

かなりの焦げが見られるので爆発しそうって言うのが分かります。


基盤側の焦げも見つかりましたがコネクターの受け側のイヤースピーカーのコネクターにも焦げが・・・これはなかなか厄介な所がショートした為、少しお時間を頂いて修理します。


お客様とお話をするとやはり

安物ケーブルを使用していたとの事で

危険性を説明させて頂きました



特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事